板橋区の家賃相場や住みやすさは?

25 2月

板橋区はどんなところ?

板橋区は、東京23区のなかでも中央のやや北側に位置します。
人口数は約56万人、面積は約32平方キロメートルで、東京23区でありながら素朴な田舎の雰囲気を残しているのんびりした街です。
板橋区は、板橋エリア・常盤台エリア・志村エリア・赤塚エリア・高島平エリアの5つのエリアに分かれますが、いずれも治安は良く学生が暮らしやすい街としておすすめです。

板橋区が区民を対象に実施したアンケート調査では、住みやすいと答えた人は93.8%。
大半の人が住みやすい街と感じていることがわかります。

住みやすいと感じている理由で最も多いかったのは、交通利便性が高いことの45.8%。
次いで、買い物の便がよく物価が安いといった生活利便性が36.5%、緑や公園など自然環境・街の景観が良いの29.4%、医療・福祉・介護サービスが充実している27.8%と続きました。

板橋エリアで

では、家賃相場をみてみましょう。
まず、板橋エリアですが、築10年以上1Kで6万5,000円程度、1LDKで7万5,000円程度となっています。

このエリアは、JR板橋駅に近く、池袋駅から一駅の距離にあるのに静かな住宅街となっており、一人暮らしでも住みやすいエリアです。
旧中山道がエリアを貫いており、昭和レトロな街並みも残っています。

常盤台エリア

常盤台エリアは1Kのアパートなら、4万5,000円、マンションで6万5,000円~7万円、1LDKでは9万円程度が相場です。

ときわ台駅は夜道が明るく安心できる
ときわ台駅の近くには、深夜まで営業しているスーパーマーケットや飲食店やコンビニエンスストア、飲食店があるので夜道でも明るく安心して歩けますが、住宅街に入ると人通りが少なくなるので、少し注意が必要です。
ただ、治安は悪くありません。

志村エリア

志村エリアは築15年以上1Kで6万円程度、1LDKで8万円程度となっています。

このエリアも治安が良く、志村坂上駅の近くにはイトーヨーカ堂や無印良品などが出店しているセブンタウン小豆沢というショッピングモールがあるので、買い物にも便利です。

赤塚エリア

赤塚エリアは1Kのアパートで4万~5万円、マンションで7万円程度。1LDKでは、9万円程度が相場です。

地下鉄赤塚駅前には商店街やスーパーマーケットもあり、買い物に便利。
物価も安いので、暮らしやすいエリアです。
副都心線が開通したので交通利便性も、さらに高くなりました。

高島平エリア

高島平エリアは1Kで7万円程度ですが、安いアパートでは4万円といった物件も見られます。
1LDKでは8万5,000円程度となっています。

高島平エリアは、近くに高島平緑地公園や赤塚公園など公園が多く、自然環境に恵まれているのが特徴です。
商業施設はコープやピーコック、東武ストアなどがあり、駅から歩いて10分のところにホームセンターもあり、買い物などの利便性も良好です。

物価が安くのどかな板橋区

いかがだったでしょうか。
板橋区は、どのエリアものどかな住宅街が多く、物価も安いため暮らしやすい街としておすすめです。

板橋区は快適な学生生活を過ごすのに、ぴったりのエリアです。
板橋区の物件をぜひチェックしてみてください!