練馬エリア

24 4月

都内西部の北側に位置するエリア

練馬エリアは都内中心部からは北西に位置する池袋を連結点にする場所です。

主要路線は西武池袋線と東武東上線となっており、埼玉県に繋がる場所としてもよく知られています。

埼玉県の戸建て(ローコスト住宅)だと購入費も下がるので、練馬も都内の主要都市と比べると暮らしやすいエリアです。

かつて練馬近辺は農業地帯が広がる場所であり、関東に向かう人達にとっての中継地としても多く宿場利用をされてきたという歴史があります。

そのため都内でも幹線道路や路線が作られた歴史はかなり古く、都心部や地方に向かうときの利便性はかなり高くなっています。

特に池袋は川越街道、中山道といった関東圏内の主要道路の重要なジャンクションとしての役割を持っており、都市部と校外を結ぶ重要な拠点となっています。

人が多く訪れる場所であるということはそれだけ商業的にも発展をするということでもあるため、池袋~練馬方面には大きな商業施設が多く、それを取り巻くように大型マンションや居住用のアパートなどが多く作られています。

非常に特徴的と言えるのが都内の他の地域に作られる大型マンションなどの不動産は、後に土地価格が高騰することを狙った投資用物件という側面があるのに対し、この池袋~練馬の地域は実際にそこに居住することを純粋な目的とした施設が多いということです。

ですので物件の賃料が今から急激に高騰するということはほとんどなく、安定的に居住をしていくことができるエリアと言えます。

逆に言えば長く住み続けることで資産価値が急激に高まるというわけでもないので、そのあたりはしっかり考えて物件の購入をしたほうがよいと言えます。

一戸建てでも購入しやすい物件がある

練馬近辺はもともと宿場を兼ねた農村地帯であったことから、現在でも町並みの中に田畑を見かけることができたりします。

特に常盤台周辺の地域は古くから住宅街として使用をされてきたということもあって、閑静な住宅街といった雰囲気が今も残されています。

現在の光が丘公園周辺は陸軍航空隊の飛行場として使用されてきた土地が転用されたものであり、同じように都内としては珍しく広い土地がそのままになっている場所も少なくありません。

地盤としても関東近県ではかなり強固な方であり、これが周辺地域の災害の強さにつながっています。

住宅街が多いということと商業地としての利用が少ないこともあり、駅前からちょっと距離を離れれば比較的購入しやすい金額で一戸建てが買えるというようなエリアも見つけることが可能です。

中古物件としても売りだされている優良物件もあり、庭付き、車持ちという生活スタイルを維持したい人にとっては狙い目のエリアと言えるでしょう。

知名度とブランド力の低さがネック

都心部へのアクセス状態もよく、家賃や土地価格もお手頃というおすすめポイントの多い練馬区エリアですが、唯一欠点と言えるのがブランド力の弱さです。

若い世代にとって人気がある住宅地域に比べて、練馬近郊に住んでいるというのはそれだけでなんとなく引け目を感じる要員になってしまいます。

逆に言えばそうしたブランドにこだわらず実用面だけを気にするということならば都内でもトップクラスの優良物件がそろっているということになります。

練馬区内でも一番の高級住宅街として知られているのが向山3丁目付近ですが、ここは「城南住宅」という大正13年からの住宅組合によって管理運営されています。

このエリアでは住環境を守るための厳しい規制が敷かれており、静かに長く暮らせる場所を探しているという人にとっては非常に安心できるところと言えます。