大岡山エリア

23 3月

都内各所にアクセスしやすい学生街

大岡山は住所上では東京都大田区北千束となる大岡山駅周辺のエリアです。
JR目黒駅を経由して走る東急目黒線と臨海方面から大田区を横断して内陸に走る東急大井町線の二本が乗り入れています。

街の中心となっているのは駅南にある東京工業大学で、広いキャンパスは大田区と目黒区の2つの区をまたぐ巨大な敷地の上に作られています。

近隣の駅にもたくさんの学校がある地域なので大岡山駅周辺はいかにも学生街らしい雰囲気ができており、街中を歩く人達も若い学生の姿が目立ちます。

駅の北側は地元民が多く暮らす商店街ですが、駅南になると単身者用のアパートが並ぶ住宅街らしい町並みになります。
そのため生活をしていくときの買い物の中心は駅の北側になるのですが、都会の他の繁華街のように巨大な商業施設があるわけではなく個人商店が中心となっています。

全体的にのどかな古くからの住宅街という印象のある街で、治安面で特に危険を強く感じることはありません。
一方で大手商業施設としてはヒルママーケットプレイスと東急ストア以外が進出していないことから生活にかかる食品や雑貨を近所で購入しようとすると割高になってしまうという問題があります。

美味しい定食屋が多く休日には洗足池公園があります

都内要所へのアクセスは渋谷まででで25分、新宿には32分、池袋は41分となっています。
他の住宅地域のような直通快速や特急があるわけではないので、距離感よりは時間がかかるという印象があるかもしれません。

ですのでやはり引っ越しをしてくる学生の多くは東京工業大学や周辺にある東京都市大、日本体育大などの大学に通う人が中心となります。

生活にかかるコストは低いものではなく、マイナーな街の割には家賃が高めなので住みやすさということで言えばちょっと他の都市よりも魅力が劣ってしまうかもしれません。

しかしそれでもさすが学生街ということもあり、安くて美味しい定食屋が駅周辺に多く見られます。
特にランチタイムのメニューが充実しているというところが大岡山の特長となっており、名物ランチを出すお店として有名なところがあります。

代表的なところで本場台湾料理をリーズナブルに食べられる「ハルナツカフェ」や、居酒屋ながらなじみやすいメニューの「大岡山食堂」といったところが挙げられます。

もう一つ大岡山の特長となっているのが駅から徒歩約10分のところにある洗足池公園です。
洗足池公園は大きな洗足池の周辺にある公園ですが、春先の景色の美しさに定評がありピクニックやジョギングの定番コースとして長年地元の人達から親しまれています。

公園周辺の地域は全体的に緑が多いので、生活をしていくときの住環境の良さを感じることができます。