下北沢エリア

29 9月

若者からの支持が根強い下北沢

下北沢と言えば昔から若者から絶大な支持を得てきた街です。
駅周辺には個性的な古着屋さんが数多く営業をしており、他にも居酒屋や雑貨屋などこじんまりとしていつつも従来のお店とは違う独特の営業方法をしているところが目立ちます。

また下北沢には有名なライブハウスも多くあり、これからブレイクをするであろう若手のミュージシャンなどが毎日のようにライブを開催しています。

これからの可能性を秘めた人が多く集まる街というイメージはずっと下北沢というエリアにはあり、駅周辺を歩き回るだけでもわくわくするような魅力があります。

下北沢駅は京王井の頭線と小田急小田原線の2つの路線がちょうど十字型に乗り合いをされているところで、新宿や渋谷からのアクセス状況がよいというところもメリットの一つです。

しかしながら地価は人気の地域ということもあってか非常に高く、1Rであっても10万円以下で入れるところを探すのは相当難しいというのが実情です。
そのため本当は下北沢に住みたいけれども家賃の関係で二駅~四駅程度離れたところで探すという人も少なくありません。

井の頭線で三駅向こうの明大前にまで移動すると相当価格が下落するので、どうしても下北沢でなければいけないというこだわりがないかぎりはそうした方法を選ぶようです。

下北沢ブランドを満喫する

しかしながら下北沢という街には家賃の高さを差し引いても余りある大きなブランド力があります。
先にも説明しましたが、ライブハウスや小劇場ではこれからブレイクをする人たちが活動をしているのでそうしたところに通うことで新しい才能を発掘する楽しみがあります。

それとやっぱり下北沢に住むなら積極的に利用をしたいのが古着屋で、店内は決して大きなわけではないのですが個性的な品揃えや格安の料金でファッションを求めることができるお店が数多くあります。

古着屋だけでなくセレクトショップとして営業しているブティックなどもやはり品揃えの傾向は独特で、渋谷や原宿といったところとはまた違った下北沢らしいファッションとなっています。

もう一つ特長として挙げられるのが居酒屋の多さです。
下北沢はグルメの街とも言われており、小さな居酒屋などでは他にはない独自メニューで多くのファンを獲得しています。

小さなお店ばかりではなくドンキホーテなどの量販店もあるので、生活をしていく上でかかるコストはそれほど大きくありません。

他にはない魅力がある下北沢だからこそ、一度住んだらそこから離れがたくなってしまうということもあります。
下北沢では外部からの転入だけでなく同じ下北エリアでの引っ越しもかなり多く扱われているということも珍しい点です。